【登山届】遭難事故から命を守るために、登山者がなすべき必須要件と心得ましょう

登山

みなさん、登山に行かれる場合に「登山届」を出していますか。
面倒くさいと思わず、登山をする場合の必須要件と考えて届け出を励行してください。

今回は、登山届の必要性や重要性、さらに具体的な登山届提出の方法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

登山届の必要性

登山届をすることが必要な理由は、一言で言えば、登山者が遭難した場合の救助の手がかりになるからです。特に一人で登山に行く場合に、どの山へ行くことくらいは家族や周りの人に伝えていたとしても、登山ルートがわからなければ、遭難した場合の救助には困難が伴います。

その点、登山届を提出していれば、行程やルートがわかるので、救助できる確率が格段に上がることになります。逆に登山届を提出していなければ、助かる命も助からないかもしれません。
つまり、紙一枚の情報が生死を分ける重要な要素となります。

低山の日帰り登山だからと言って登山届を軽視してしまいがちですが、山の中では何が起こるかわかりません。クマに遭遇してケガを負うかもしれません。雨が降り続き、体が冷えて低体温症になるかもしれません。体がバテて動けなくなるかもしれません。

高尾山ほどの賑わっている山は別としても、たとえ低山であっても人通りが少なければ、トラブルに遭遇した際の危険性はかなり高くなります。
自分自身はもちろんのこと、あなたの大切な家族や友人のためにも、登山届を提出することを習慣づけましょう。

スポンサーリンク

登山届の出し方

登山届は、基本的には登山を始める際の登山口で作成し提出します。

一般的には登山口には、ポスト形式の提出口がありますので、そこに提出することになります。
提出口には登山届の用紙と鉛筆が用意されていますので、必須事項を記入して提出すればOKです。

登山届の記入事項としては、住所・氏名・連絡先の電話番号・登山ルートと行程の到着予想時間等となっています。山小屋やテントで泊まる場合は、宿泊先の山小屋や泊地であるテント場を記載し、当日以降のルートや到着予定時間も記載します。

これだけの情報があれば、遭難やトラブルに接した場合でも、救助捜索する範囲を大幅に限定することができるため、助かる可能性は大幅に上昇します。

登山届の具体例

登山口に設置されている登山届

では、実際に登山口に置かれている登山届の実物を見て確認してみましょう。
下記に示した登山届は、丹沢の大倉やヤビツ峠に設置されていたものです。

内容を確認すると、住所や氏名などの基本情報に加えて、登山ルートが印刷されていて、それにマーキングするだけで済むように工夫されているので、記入もとても簡便です。

通常は、「○○→○○→○○」といったように、○○の部分にルート上の主なポイントを記入し、併せて到着予定時間を書き込む方式が一般的です。

事前に作成する登山届

登山口の現場で登山届を記入する手間を省くため、あらかじめ登山届を作成し、当日に登山口のポストに提出するだけということでも大丈夫です。

登山届は、その山域で定められた届け出用紙を使わなければいけないという決まりはなく、要は目的の要件を満たしていればいいわけなので、あらかじめ準備しておくことに何の問題もありません。

登山届のフォームはいろいろなところで用意されています。
ネット上ではいくらでも提供されていますし、雑誌や本に付録として添付されているものもあります。
今回は、以前にも紹介した「ヤマケイオンライン」上で用意されているフォームを紹介しますので、参考にしてみてください。

事前に作成して提出を済ませる方法

さらに、登山前にすべて済ませておきたいという方や、登山口にポストがないことも想定して、あらかじめ各都道府県の窓口に届けておくという方法もあります。

「長野県」の登山届フォーム

提出の方法は、郵送、ファックス、電子メールなどによりますが、個々の提出先、提出方法については下記の「ヤマケイオンライン」での一覧表をご覧ください。

>>都道府県別・各自治体の登山届提出先

まとめ

以上ご説明した通り、登山届を提出する重要性を理解していただくとともに、いろいろと紹介した登山届の提出方法を知っていただくことで、登山届を出すことを山行時の習慣として実施していただくようお願いします。

登山届けについてのまとめ
  • 登山届は、自分自身の命を守るため、そして家族などまわりの人々への安心のために、登山者がなすべき必須要件と心得ましょう。
  • 登山届の方法には、当日登山口で記入するほか、事前に作成しておいたり、電子申請するなどいろいろ方法があります。
  • 一人でも多く登山者の命を守るため、自分のみならず、周りで登山を楽しんでいる人に対して、登山届の必要性や重要性について啓蒙することが大切かと思います。
登山
スポンサーリンク
たびころの山と鉄旅
タイトルとURLをコピーしました