【アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶】泡が命 “生ビール感覚” の缶ビール、コンビニ先行発売分をゲット!!

À la carte

4月6日にコンビニで先行発売となった「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を息子が2本買ってきてくれたので味わってみました。

スポンサーリンク

日本初の自然発泡する缶ビール

「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」は、飲食店で飲める泡がたっぷりの生ビールを家庭でも味わえるように開発された缶ビールです。
フルオープンかつ自然発泡する缶を用いた日本初の商品」との触れ込みです。

ふたが通常のプルトップの開け口とは違い、見た目にも泡が楽しめるように全開できるタイプとなっています。
缶内部の塗装に凹凸が施された加工がされているようで、試行錯誤の末にきめ細かい泡を作り出す新しい缶ビールが誕生しました。

なお、内容量は通常缶の350mlに対して、発泡の工夫のためか340mlとなっています

スポンサーリンク

発売2日後に一時出荷停止へ

4月20日の全国発売に先行して、4月6日に酒類扱いのコンビニエンスストアで発売されましたが、あまりの人気によって、想定していた販売量を上回ったため、在庫がすぐに品薄となってしまいました。 結果、商品供給が追いつかなくなり、発売から2日後の4月8日に一時出荷停止となる事態に至ったようです。

以下、アサヒビールのホームページのお知らせです

【お詫び】アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶 販売好調による一時出荷停止について

平素より、弊社に格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
2021年4月6日(火)にコンビニエンスストア先行発売した、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」ですが、販売好調により商品供給が追い付かず、一時出荷停止となっております。大変申し訳ありませんが、お店によっては商品の品切れの場合がございますのでご了承ください。
お客様ならびにお得意先さまには、多大なご迷惑をおかけしますこと深くお詫び申し上げます。

                                         ☞アサヒビールのホームページより引用

早速「ジョッキ缶」をためしてみる

ラベルにある “泡が出る ゴクゴク飲める” の文字が期待感をそそりますね。
商品説明のとおり、ふたは全開できるしくみになっています。 

ふたを開けると、小さな泡がじわじわとわき出てきます。

だんだんと泡が膨らみ、こんもりとした生ビール状の泡の完成。

缶のまま飲むと、泡が唇にまとわりついて、確かに生ビール感覚を楽しめます。
味はちょっと苦みが抑えられたような感じですが、爽快感のある飲み口です。
泡が多いだけでも、ずいぶんおいしく感じられますね。

飲んでいる途中に泡が少なくなってきた場合には、缶を手で包むように持つと泡が出やすくなるとの説明書きがあります(温度が高いほど泡が発生しやすいようです。)。

なお、アサヒビールのホームページに『生ジョッキ缶のきれいな泡の楽しみ方』が掲出されていますので、参考にしてみてください。

>>アサヒビールのホームページ『生ジョッキ缶のきれいな泡の楽しみ方』

全業態発売は真近に迫る

コンビニで買いそびれた人は、残念ながらすぐ買い求めることができません。

でも、4月8日付の該社のニュースリリースには、『現時点では、出荷再開の見込みは立っていませんが、4月20日の全業態発売に向けて準備を進めています。』
とありますので、まだ入手されていない方は、もうしばらくだけお待ちいただければ、コンビニだけでなく、近くのスーパーや酒販店でも買うことができると思います。

À la carte
スポンサーリンク
たびころの山と鉄旅
タイトルとURLをコピーしました